ベルトはただ巻くだけでは

腰痛は、姿勢の悪さから発生するものや骨盤のゆがみやズレからくるものまで原因は色々あり、慢性的に腰痛に悩まされている方は外科を受診するよりも整骨院や整体院で施術をする事が多く、その施術によって骨盤のズレを指摘されることもあります。また最近では産後の骨盤矯正が有名でドラッグストアーなどの量販店では、様々な骨盤矯正ベルトや骨盤矯正ができる椅子など安価なものから高価な物まで沢山の種類の矯正器具が販売されていますので、自分に最適な商品を選ぶことが非常に難しくなっています。 しかし様々な商品の中から腰痛の予防に効果的な骨盤矯正ベルトを選ぶことが大事で、商品の伸縮性が良すぎない物やロックが二重になっている物、仙腸関節をしっかり締め付けることができる物を選ぶことが腰痛予防に最適な骨盤矯正ベルトで安価で販売されているものは、この様な要素や特徴が含まれていない物が多いので、極端に安いものは効果が得られなかったりなど失敗する可能性があります。 また、購入して巻くだけでは腰痛予防の効果を得ることが難しく、適切な巻き方は、上前長骨棘にかかるように巻くことが重要で、仙腸関節の関節部分に圧力がかかるように巻くことによって閉鎖力を高め効果を得られると言われており、この部分をしっかり締め付けないといけませんので伸縮性のあるものは良くなく、ロックする箇所も一箇所だけではなく二箇所あることが望ましいです。 長くコルセットを使用している方は特にお腹の部分や腰の部分に巻いてしまうことが多いので腰痛予防の骨盤矯正は巻く位置が違う事を知っておく必要があります。 お腹が出ている方や肥満傾向のかたなどは骨盤矯正ベルトをあまり強く締め付けてしまうと腸も締め付けてしまいますので注意が必要で、締め付けの苦しさを長時間我慢して使用していると腸の圧迫からくる、便秘と言った便通の流れが悪くなりますので、無理に締め付けないようにすることが必要です。

骨盤矯正ベルト体験ブログ